ONE DAY

麻!

つづきのまえにひとつ、今日の話を。


数日前、気に入っていた麻の白シャツを洗濯したところ、襟の一部がすいーっと破けてしまいました。残念だけど仕方がないので、解体して何かに使うかな・・・

でも劣化だとしたら、ものに変身させても寿命が短いかの・・・

というわけで、雑巾にすることにしました。


おーきく布地を四角にとって、折って折ってちくちくと手縫い。

真っ白い雑巾のできあがり!


見ていたら、ふつふつといろんなものを磨きたくなりました。

早速、棚の上から鏡、最後は床まで、霧吹きを片手に熱心に拭き掃除。


すると、気が済んだというだけでなく、一歩あるくたびに、床がつるつるしてふかふかで触り心地がよいことこのうえない!


なんだかものすごく充実した気分になりました。


シャツが破けなければ、拭き掃除はなかったわけで、なにがどうつながるかわからないなあと。


もしも、シャツをぽいっと捨てていれば、なにもなかった? そもそもシャツが破けなかったら??

いやいやそれもわからない。


ぜんぶわからないなかで、いまこの一瞬一瞬だけが、ある、どこに飛んで行くかしらないけど、楽しんでいきたいと、ぎゅーっと雑巾を絞りながら思いました。


(しかし手にもっていたら、はっと驚いたように小声で「・・・それは・・・ふんどし・・・?」と聞かれたのは秘密だ。)



「・・・無駄話はいいから、つづきはよ。」


はい! いそいで、つづきます!!